歯科矯正とそれを受けるメリット

矯正歯科とは

歯科医院と一口に言っても診療科はそれぞれの歯科医院によって異なります。
歯科治療の一つが、矯正歯科になります。
 

 

矯正歯科とは歯並びやかみ合わせの悪さを矯正することによって、
それを整える治療になります。

 

歯並びを整えるためには、歯を削ったり現在生えている歯を抜いて差し歯にするのではなく、
多少の時間をかけてゆっくりと歯並びを整えていくのが
一般的な矯正歯科の治療方法になります。

 

歯科矯正といえば、金属やブリッジを取り付ける方法が一般的ですが、
なぜこのように時間をかけないと歯並びを矯正できないのでしょうか。
そしてなぜ歯科矯正によって歯並びが整うようになるのでしょうか。

 

それは体や歯と歯茎への負担を最小限に抑えて歯科矯正治療を行っていくためです。
歯を削る、差し歯にするなどの治療法なら短時間で歯並びをきれいにすることができますが、
歯や歯茎にかかる負担は大きくなりますし、何よりも健康な歯を失うことになってしまいます。

 

自分の歯を残すことによって、歯や歯茎への負担を最小限に抑えながら、
歯並びだけをきれいに整えることができるのです。

 

歯並びが整うのは骨の代謝機能を利用しているからです。
私たちの体が毎日新陳代謝を繰り返しているように、歯も骨の代謝を繰り返しています。

 

骨が代謝するときに矯正器具によって力を継続的に加えてあげることで、
徐々に骨が動いていくのです。
その結果歯並びが整っていくようになります。

 

矯正を受けると時間はかかってしまいますが、歯や体には負担を与えず歯並びを整えられます。

見た目の印象が大きく改善する

歯並びは遺伝や生活環境の影響を強く受けますが、
歯並びが悪いままにしておくとどのようなデメリットが生じてしまうのでしょうか。

 

その一つが見た目の悪さです。笑ったときによく見える口元は、
周囲の人からも目に付きやすい場所です。

 

日本でも最近はオーラルケアに力を入れる方が増えてきていますが、
欧米では昔からエチケットとしてオーラルケアを行うのが当たり前だったのです。

 

美しい口元を決める条件としては、歯並びの良さと美しさです。
これが揃っているだけで周囲に対して好印象を与えられるのです。
その影響を受けて近頃は一般人でも歯の色を白くする
ホワイトニング治療を受ける方が増えてきています。

 

歯が汚いのも印象が悪いですが、歯並びの悪さも第一印象を悪くする原因となります。
歯並びが汚いとその人自体が不潔に感じられてしまって印象さえも悪くなってしまうのです。

 

出っ歯や歯並びガタガタだと、
それを見せるのが気になってしまって人前で口をあけることができなくなってしまうのです。

 

それが長年コンプレックスになっている方も少なくありません。
そこで大人になってから思い切って歯科矯正を受ける方もいらっしゃるのです。

 

さらには歯並びが顎やフェイスラインの形にも大きく影響を与えていることをご存知でしょうか。
歯並びの悪さがかみ合わせの悪さにもつながってしまいますので、
それが原因で顎の形やフェイスラインが崩れてしまったりもするのです。

 

歯科矯正を受けたことによって、顎やフェイスラインがすっきりとして
まるで整形手術を受けたかのように美しく生まれ変わる方もいらっしゃいます。

 

 

更新履歴