歯列矯正をサポートする処置やアイテム

歯列矯正をサポートする処置やアイテム

歯列矯正は矯正器具を患者の口に嵌め込んだらおしまいという治療ではありません。
歯科医師や歯科医院は患者の歯列矯正で痛みを覚えることなく、
なるべく短期間で終えられるような工夫を凝らしています。
今回は、歯列矯正をサポートしてくれる処置やアイテムについて詳しく見ていきましょう。

 

歯列矯正において多くの方を困らせるのが矯正器具を装着したことによる口内の炎症です。
矯正器具は外的な刺激によって歯を引っ張るという工程を成しているわけですから、
それに反発する形で私たちの身体が反応するのも無理からぬ話といえます。
矯正の過程で歯とその周囲の組織の間に炎症が発生し、痛みを覚えてしまうのです。

 

最近の歯科治療では、こうした痛みをレーザーで軽減するという試みがなされています。
痛みを生み出す物質、いわゆる発痛物質にレーザーを照射することで炎症を抑えるだけでなく、
血行を促進して歯の健康を維持するという機能も備えているのです。
これがあれば矯正中の痛みを薬などで無理やり抑える必要もなくなります。

 

レーザー照射については全ての歯科医院が実施しているというわけではないので、
皆さんが通っている歯科医院では取り入れているのかを事前に確認しておくと良いでしょう。
歯列矯正の最中にブラケットという器具を装着している場合、歯磨きをするのが非常に困難な状況に陥ります。
自分の手でブラケットを外すことは出来ないので、どうしても器具と歯の隙間に汚れや細菌が溜まってしまうのです。

 

 

 

こうした問題を解消してくれるのが最新の電動歯ブラシです。
単に細かく震えるというだけの電動歯ブラシではなく、超音波や音波を駆使することで、
毛先で直接触れることが難しい箇所の汚れにも対応しています。
ブラケットと歯の隙間はもちろんのこと、ブラケットを構成する部品である
ワイヤーに付着した食べカスなどにも効果的といわれているのです。
ご紹介したような処置やアイテムを駆使しながら、歯列矯正の治療に臨みましょう。

関連ページ

そもそも歯科矯正とは
そもそも歯科矯正とは
矯正治療が必要な「不正咬合」
矯正治療が必要な「不正咬合」
矯正治療にかかる期間の目安
矯正治療にかかる期間の目安
矯正治療を受けるタイミング
矯正治療を受けるタイミング
マウスピース矯正について
マウスピース矯正について
歯列矯正における抜歯
歯列矯正における抜歯
インコグニートで目立たず歯科矯正
インコグニートで目立たず歯科矯正
歯列矯正と痛み
歯列矯正と痛み
矯正治療と健康保険
矯正治療と健康保険