矯正治療と健康保険

矯正治療と健康保険

歯科治療を行う場合には「保険診療」と「自由診療」の2種類あります。
「保険診療」は健康保険の適用される治療で、
患者は治療に要した総費用の3割(70歳以上75歳未満の高齢者2割、
75歳以上の高齢者は1割)を負担します。
一方「自由診療」は健康保険が適用されない治療で、
患者は医療機関が自由に設定した金額にもとづいて請求される総費用を負担することが必要です。
一般的な歯の矯正治療は「自由診療」に該当するため治療費の全額が自己負担になりますが、
次のような条件を満たす場合に限り健康保険が適用されます。

 

・厚生労働省の定める「口蓋裂や口唇裂などの先天的な咬合機能」、「外科的な治療が必要な顎変形症」に該当すること。
・厚生労働省が認定した「指定自立支援医療機関(育成・更生医療)」での外科手術を要する矯正治療であること。
なお「指定自立支援医療機関」とは厚生労働省から認定を受けた医療機関のことで、
厚生労働省が設定した「設備や人材、別の保険医療機関との間の連携体制などの条件をクリアしている医療機関」のことをいいます。

 

この2つの条件を満たしている場合は健康保険が適用されるのです。
条件を満たしていても手術を受けなければ、
治療は「自由診療」の扱いになります。
また「保険診療」開始後に手術を辞めた場合も、
過去にさかのぼって「自由診療」の扱いになるので注意が必要です。
さらに健康保険で治療をする際に使用できる矯正装置は歯の表側にブラケットを装着するタイプに限られており、
マウスピースの使用や歯の裏側からの矯正は自費扱いになります。