そもそも歯科矯正とは

そもそも歯科矯正とは

歯科矯正とは歯科の診療科の一つで一般的には「上下の歯が適切に噛み合っていない状態の不正咬合」や、
「上顎骨か下顎骨またはその両方の形・サイズ・位置などの異常で顔面の変形と噛み合わせの異常を起こしている状態の顎変形症」
を治療することです。

 

不正咬合には乱杭歯や八重歯、空隙歯列(すきっ歯)、
上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口)、
上下顎前突(口もとの突出)、前歯で噛めない開咬、
上の前歯が下の前歯に2〜3mm以上被さっている過蓋咬合、
奥歯の噛みあわせがずれて左右非対称の咬合などがあります。  

 

歯科矯正では、こうした不正咬合に対してはワイヤーやマウスピースなどの矯正装置の力で歯を正常な位置に移動させ、
悪い歯並びを矯正して適切に噛み合うようにしてきれいな歯並びにする治療が行われるのです。

 

一方顎変形症の治療は不正咬合のような通常の矯正治療だけでは十分な治療結果が期待できないケースが多いことから、
顎骨を外科的に手術ですることで動かす「外科矯正治療」が行われます
(なお装置だけでは矯正できない不正咬合の場合にも、顎変形症同様に外科矯正治療が行われています)。

 

この外科矯正治療では、全身麻酔を行ったうえで本格的な手術が行われます。
この手術は大きな治療効果が期待できるうえに更生医療指定機関での外科矯正治療には健康保険が適用されますし、
口の中から手術することから顔面に手術痕が残るようなことはありません。
しかし顎変形症の治療は手術・術前矯正・術後矯正・保定期間といった治療が必要なことから、長期での治療が必要になります。

 

オハナ矯正歯科クリニック