矯正治療にかかる期間の目安

矯正治療にかかる期間の目安

矯正治療に必要な期間は歯並びや口の中の状態・年齢・治療方法・クリニックの診療方針などによって一人ひとり違いますので、
担当医に確認しなければ一概には示すことができません。
 

 

しかし「抜歯する不要のない簡単な治療の場合で
「半年〜1年」「一般的な矯正治療の場合で1〜2年」
「歯を大幅に動かす必要のある治療の場合で2〜3年」というのが一般的な目安とされています。

 

もっともこれは歯を動かす治療の期間(動的治療期間)あり、
動かした歯の後戻りを防いで安定させるための静的な治療の期間(保定期間)は含まれていません。
この保定期間には1〜数年が必要とされていますから、
矯正治療に必要な期間としては一般的な動的治療期間の目安に1年以上プラスした期間と理解しておく必要があるようです。

 

また治療方法によっても矯正治療に必要な期間には大きな違いがあり、
ワイヤー治療なら1年半で終わる治療でも裏側矯正で治療すれば
2年半に伸びてしまうといったことがありますので担当医によく確認してください。

 

矯正治療にこれほど長い期間が必要になるのは、
骨と歯根膜の間で起こる骨の代謝機能を利用して
歯を移動させるためには歯に緩やかな力でしか負荷をあたえることができないことに因ります。

 

歯の移動距離は一般的には1カ月間に約0.3mmなのですが、
矯正治療の場合には平均的には4mm程度の移動が必要です。
このことから動的治療だけでも1年以上かかることになります。
さらに保定期間として1年以上が必要なのですから、
矯正治療にかかる期間はどうしても長期になってしまうのです。