矯正治療を受けるタイミング

矯正治療を受けるタイミング

「矯正治療は子供がするもので大人になってからでは遅い」と誤解している人は少なくありませんが、
実際は歯と歯茎が健康であれば
「原則的には何歳で開始しても問題はありません」。

 

特に大人の矯正治療(成人矯正)はタイミングを考える必要が無いうえに
「虫歯や歯周病を予防でき口腔内の健康を維持できる・顎の成長が止まっているので治療経過を予測できる」メリットがあり、
最近では中高年者で矯正治療を受ける人は多くなっています。
 

 

子供の矯正(小児矯正)治療を受けるタイミングについては、一般的に次の3つの時期が挙げられます。

 

・早期治療として4〜6歳ごろの乳歯の段階での治療開始がベストと言われます。
この時期の治療では歯を動かすスペースを作るための抜歯の必要がなく、
永久歯が正しく生え揃うようにあらかじめ土台を整えることができることから、
その後の治療に向けて十分な準備ができるのです。

 

・6歳から12歳ごろの永久歯が生え始める時期での治療開始です。
それぞれの子供によって違いはありますが、
この時期には前歯の乳歯から永久歯への生えかわりが進んで4本(上下で8本)の大人の前歯が生え揃い、
さらに永久歯の奥歯である6歳臼歯が咬み合います。
この時期の治療は「初期治療」と言い、
歯並びをキレイにするというより顎の大きさを調整したり上下のバランスのズレを整えたり、
また正常にあごを発育にさせるための治療です。

 

・12歳ごろから成人までの時期の治療開始です。
成人矯正として治療開始するケースと、
「初期治療」に続く第2段階の「本格治療」としての治療が行われます。