インコグニートで目立たず歯科矯正

インコグニートで目立たず歯科矯正

歯列を矯正する方法として昔ながらのブラケットという方法が現在でも利用されています。
マウスピース矯正に比べると歯を引っ張る力が強く、
矯正にかかる期間が短くて済むというのが魅力です。

 

しかし、そんなブラケットにおける問題点として長年注目されているのが、
お口を開けたときに器具が見えてしまうことです。
最近の矯正治療ではそうした問題を解決するブラケットが多くの方から支持されています。
今回は裏側矯正の中でもインコグニートと呼ばれている矯正方法に関して詳しくご紹介します。

 

 

 

インコグニートは歯の裏側にブラケットを装着することで、審美性を維持したまま歯列矯正をしようという試みです。
大きな口を開けて笑っても、歯の裏側に装着されているわけですからブラケットは見えません。
人前に立つお仕事の人にとって、これほどうれしいことはないですよね。
さらに注目していただきたいのは、インコグニートの矯正力です。

 

インコグニートは基本的にオーダーメイドで作られているので、
患者の歯型及び顎の形に合った器具を装着することが出来ます。
その分だけ治療費は高くなりますが、自分に合った器具を着けることは
それだけ効率的に歯を引っ張ることが可能になりますから、通常のブラケットよりも矯正期間は短くなる傾向にあるのです。

 

審美性にこだわりたいという人たちからインコグニートが支持されている理由として見逃せないのは、
矯正治療中であってもホワイトニングが出来るという点です。
器具を着けているのは歯の裏側なので、いつでもホワイトニング治療で表側にホワイトニングの処置を施していただけます。
歯列矯正と並行して審美歯科の治療も受けたいという人は、インコグニートで矯正治療をしてみてください。

関連ページ

そもそも歯科矯正とは
そもそも歯科矯正とは
矯正治療が必要な「不正咬合」
矯正治療が必要な「不正咬合」
矯正治療にかかる期間の目安
矯正治療にかかる期間の目安
矯正治療を受けるタイミング
矯正治療を受けるタイミング
マウスピース矯正について
マウスピース矯正について
歯列矯正における抜歯
歯列矯正における抜歯
矯正治療と健康保険
矯正治療と健康保険