虫歯、歯周病のリスクを減らせる

虫歯、歯周病のリスクを減らせる

虫歯や歯周病は誰でも起こり得るリスクですが、
歯並びが悪い人とそうでない人とを比べてみるとその発生リスクに差が出てくるのです。

 

虫歯や歯周病の原因となってしまうのが、口の中に存在するプラークです。

 

これらが歯磨きなどで落とされないまま残っていると、
歯や歯茎に付着して虫歯や歯周病を引き起こすように働いてしまうのです。

 

口の中を歯磨きなどで清潔な状態に保っていればその発生リスクを抑えることができるのですが、
歯並びの悪い方は歯並びの良い方と比べて、歯ブラシが届きにくい場所が多いのです。

 

歯並びが良い方は普通に歯ブラシを動かしただけである程度汚れを落とすことができるのですが、
歯並び悪くなってしまうと相当念入りに歯ブラシを動かさないと、
歯と歯茎の隙間に入り込んでしまった汚れをきれいに落とすことが難しくなります。

 

毎回歯磨きにたっぷりと時間をかけるわけにはいかないので、
さっと歯磨きを済ませてしまうと口の中に雑菌が残りやすくなってしまいます。

 

その結果虫歯や歯周病の原因となる原因菌をきれいに取り除くことが難しくなってしまうため、
歯周病や虫歯のリスクを大きく上げることにもつながるのです。

 

歯は一度削ってしまうと元には戻りませんし、
歯周病が進行してしまうと歯を失う事にもつながってしまいます。
歯と歯茎の健康を考えたら、
早いうちに歯科矯正を受けておいた方が将来的に発生する虫歯や、
歯周病のリスクを大きく減らせます。

 

早いうちにそのリスクを低減するために、
お子さんのときに歯科矯正をするようにすすめる意見も聞かれます。

 

http://www.candc-dental.com/