歯列矯正における抜歯

歯列矯正における抜歯

義歯を挿入することで欠損した歯を補うという治療が当たり前になってきた一方で、
なるべくならば歯を抜かずに健康なお口を保つべきという風潮が存在するのも事実です。
どれだけ精巧な義歯であっても、永久歯に勝るものはありません。
身体に一部として存在する歯を抜かなくてはいけない、いわゆる抜歯という治療が必要になる状況も見受けられます。
今回は歯列矯正における抜歯の役割について詳しく見ていきましょう。

 

歯列矯正で抜歯をする理由としては、その歯が歯列の乱れを引き起こしているというものが挙げられます。
典型例として皆さんがご存知なのがいわゆる親知らずです。
親知らずは主に奥歯のさらに奥に生えてくる歯のことで、
これが曲がった状態で生えてしまうと、歯列全体に悪影響を及ぼし、歯並びが整わない印象になってしまうのです。
これを抜き去ってからブラケットなどで矯正治療に臨むと、綺麗で健康な歯並びに近づきやすくなります。

 

歯列矯正における抜歯としては、上顎前突や下顎前突といった
極端な歯並びによって顎の形が歪んでしまっている場合にも行われます。
顎の歪みを生じさせている歯を抜いてしまうことで、正常な歯並びに近づけようというものです。
抜歯をするということは、欠損部分に隙間が生まれます。

 

矯正歯科専門病院で安心治療

 

歯列矯正によってその隙間を少しずつ埋めていくという手法を採ると、
抜歯なしの歯列矯正よりも早期に矯正治療を終えられるのです。
スペースの確保によって余裕のある状態で移動してきた歯は、
矯正治療を終えた後にもとの場所へと戻りにくいとされています。
つまり、矯正治療の揺り戻しが起きる可能性が低く、治療の成功確率を上昇させることにも繋がるのです。
抜歯イコール悪として断じるのではなく、抜歯の良さや抜歯をしなくてはいけない
シチュエーションもあるのだという態度で歯科医師と話し合い、歯列矯正に臨みましょう。

関連ページ

そもそも歯科矯正とは
そもそも歯科矯正とは
矯正治療が必要な「不正咬合」
矯正治療が必要な「不正咬合」
矯正治療にかかる期間の目安
矯正治療にかかる期間の目安
矯正治療を受けるタイミング
矯正治療を受けるタイミング
マウスピース矯正について
マウスピース矯正について
インコグニートで目立たず歯科矯正
インコグニートで目立たず歯科矯正
歯列矯正と痛み
歯列矯正と痛み
歯列矯正をサポートする処置やアイテム
歯列矯正をサポートする処置やアイテム
矯正治療と健康保険
矯正治療と健康保険