歯列矯正と痛み

歯列矯正と痛み

歯列矯正は歯を強制的に動かして綺麗な歯並びにしようという試みですから、
治療に際して多少の痛みを伴うことがあります。
こういった痛みを恐れるあまり、歯列矯正に踏み切ることが出来ないという人もいるかもしれません。
しかし、痛みに関する情報と対処法さえ知っておけば、もし痛みが出たとしても怖がることはないのです。
今回は歯列矯正に関する痛みについて詳しく見ていきましょう。

 

歯列矯正を始めたばかりの人の中には、食事のときに痛くて食べられなくなるという人もいます。
これは矯正器具に顎やお口、歯が慣れていないために大きな口を開けたり
顎に力を込めて咀嚼sしたりするのが難しくなっていることが原因と考えられます。

 

そのため、歯列矯正を初めてから最初の数日は
調理方法を工夫するなどして顎や歯に負担をかけないものを食べると良いでしょう。
例えば、お肉や肴であれば蒸す、茹でるといった方法で適度に水分を含ませ、柔らかい食感のままいただきます。
加熱さえすればよいのではなく、水分によってふっくらとした噛み心地に仕上げるのがコツです。
矯正器具を着けたばかりの頃は、食事をしていなくても歯がシクシクと痛むことがあります。

 

これもまた慣れによって痛みは治まるのですが、
どうしても痛い場合は歯科医師に痛み止めを処方してもらいましょう。
歯科医院によっては最初の治療の際に処方してくれるところもあるので、
もし痛み止めが欲しいというときは歯科医師に聞いてみてください。
いつまでたっても慣れない痛みが続くという人は、矯正器具が合っていないといった事態も考えられるので必ず歯科医師に相談しましょう。

 

ノア歯科クリニック中目黒http://www.noah-dental.com/

 

関連ページ

そもそも歯科矯正とは
そもそも歯科矯正とは
矯正治療が必要な「不正咬合」
矯正治療が必要な「不正咬合」
矯正治療にかかる期間の目安
矯正治療にかかる期間の目安
矯正治療を受けるタイミング
矯正治療を受けるタイミング
マウスピース矯正について
マウスピース矯正について
歯列矯正における抜歯
歯列矯正における抜歯
インコグニートで目立たず歯科矯正
インコグニートで目立たず歯科矯正
歯列矯正をサポートする処置やアイテム
歯列矯正をサポートする処置やアイテム
矯正治療と健康保険
矯正治療と健康保険